「日本の書200人選」記者発表会

昨日、六本木の国立新美術館にて東京2020オリンピック・パラリンピックを記念した「日本の書200人選」が来春開催されると、同展実行委員会より発表がありました。本院理事長も記者発表に参加し、代表書家として記者向けに席上揮毫を行いました。
この展覧会には、日本芸術院会員ら日本を代表する書家や障害がある書家計約200人が出品することが決定しており、全国の青少年や、青森県立八戸聾学校など同県内の特別支援学級の卒業生3人による作品も展示されることになっています。本院よりは理事長の他、吉澤鐵之副理事長、吉澤石琥副理事長も出品する予定です。是非ご期待ください!
関連記事はこちら!
日本の自然と書の心「日本の書200人選~東京2020大会を記念して~」公式HP

7R308113

「五輪 地水火風空」と揮毫

7R308218

外国の方に書を教える一幕も

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中