第59回日本書作院展開幕!

2月7日(木)より2月18日(月)まで、第59回日本書作院展が開催されます。今年も大きく3部構成になっておりまして、理事長らによる大作、併催「拓本と印譜のあれこれ」展、学生臨書展と目白押しです。他にも第1~3科の会員の力作も陳列されておりますので、是非ご来場の上ご観覧頂けたら幸いです。

1549351303715

理事長・副理事長らの大作

1549351295902

「拓本と印譜のあれこれ」机上コーナー

1549351316188

壁面にも様々な拓本がズラリ

1549351300218

学生の力作も輝いています!

第94回「朝日チャリティー美術展・東京展」に星理事長出展決定!

この度は朝日新聞厚生文化事業団主催の第94回「朝日チャリティー美術展・東京展」に本院星理事長が出展(寄贈)することが決まりました。この展覧会は1925年(大正14年)に関東大震災の被災者救援を目的に当時の各界著名人より寄贈を頂いたのが始まりだそうです。本展も文化勲章受章者、文化功労者、芸術院会員、重要無形文化財保持者(人間国宝)を含む全国の美術家や著名人約1000人が参加予定です。是非ご高覧頂ければ幸いです。

【会期】2019年3月22日(金)~25日(月)
《22~23日》 日本画、洋画、イラスト、色紙など
24~25日》 、陶芸・工芸品、版画、色紙など
※全日とも開場は10時。閉場は22日20時、23日18時、24日19時30分、25日は入札コーナーが13時、即売コーナーは17時まで開催の予定
【会場】東京・松屋銀座8階イベントスクエア *入場無料

主な出展(寄贈)作家(書のみ紹介、敬称略)
新井光風、飯高和子、池田桂鳳、石飛博光、榎倉香邨、岡美知子、小川東洲、尾崎蒼石、角元正燦、杭迫柏樹、黒田賢一、小島寿、師村妙石、高木聖雨、高木厚人、竹中青琥、樽本樹邨、土橋靖子、皷芳石、仲川恭司、星 弘道、真神巍堂、増永広春、吉川美恵子、中村伸夫ほか

主催/お問い合わせ=朝日新聞社、朝日新聞厚生文化事業団(TEL03-5540-7446)

社会福祉法人 朝日新聞厚生文化事業団ホームページ
http://www.asahi-welfare.or.jp/

第63回現代書道二十人展始まる

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

さて、毎年新春恒例となっております現代書道二十人展が2日より7日まで、東京・日本橋高島屋(本館8階ホール)で開催されました。本院より星理事長も出品しており、5日(土)の午前11時30分より理事長による作品解説会が予定されております。是非ご来場の上、ご高覧頂きますようご案内申し上げます。

_DSC5357

作品を見入る観覧者

_DSC5378

観覧者に作品解説をする星理事長

_DSC5389

毎年様々な形式の作品に挑戦しております。

 

星理事長の揮毫会風景

本日、午後2時より国立新美術館で開催された席上揮毫会が無事に終了しました。本院の星理事長も揮毫し、多くの来場者にその迫力ある書きぶりをご覧頂きました。その揮毫風景の一端をご紹介します。15355265021191535526495095153552646553015355264974881535526469978

第35回読売書法展にて理事長の揮毫会があります

現在、国立新美術館で開催中の第35回読売書法展の記念企画として、書法会役員3名の席上揮毫会が予定されています。その内の1人に本院星理事長が含まれておりますので、是非ご参会頂ければと思います。

日時  2018年8月29日(水)午後2時~
場所  国立新美術館3階講堂